日本化粧品検定の合格ラインは? 何問まで間違えて大丈夫?

この記事では、日本化粧品検定の合格ラインについて調べた内容をまとめています。

【関連記事】 試験の「合格率(受験者のうち何人くらいが合格できているか)」について知りたい方は「難易度は? 合格率はどれくらい?」の記事をお読みください。

日本化粧品検定の難易度は? 合格率はどれくらい?

合格基準について

大学入試などの場合、合格者は「上位○名まで」と人数の上限が決まっているわけですが、日本化粧品検定の場合は 合格者の数に制限はありません。

あらかじめ設けられているラインよりも問題の正解率が上回っていれば 全員が合格となります。

合格ライン

公式サイトで公表されている日本化粧品検定の合格ラインは以下の通りです。

合格ライン
  • 正答率:70%前後(1.2級とも) ※問題の難易度により多少変動

ただし、この「70%」というのはあくまで「基準値」であり、実際には各回ごとに多少の変動があるのが実情です。

変動について

試験によって 問題の難易度にはある程度のばらつきが出てしまいます。

そのため、ある回だけ合格者数が多かったり、少なかったり偏ってしまうのを緩和するために、合格ラインとなる正答率:70%を基準として、日本化粧品検定協会側で多少の変動(調整)が行われることになっています。

何問まで間違えても大丈夫?

それでは、具体的に何問くらい正解を出せば合格圏といえるのでしょうか? あるいは 何問程度なら間違えても大丈夫なのでしょうか?

日本化粧品検定の出題数は、1.2級ともに「60問」となっており、これに合格ラインの基準となる「70%」の正答率を掛け合わせて計算すると以下のようになります。

  • 問題数:60問
  • 合格ライン:正答率 70% ※基準値
  • 正解数:42問
  • 間違えてもよい数:18問

以上は、あくまで「基準値(70%)」をベースに計算したものですので、実際には試験によって正答率(合格ライン)には多少の変動がでるので注意が必要です。

まとめ

ということで、日本化粧品検定の合格ラインについて調べてみました。

ただ 実際の受験生の立場としては、精神衛生上 8割程度の正答率(正解数:48/不正解数:12)を目指したいところですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です