日本化粧品検定を受験するメリットは? 就職に有利になるの!?

日本化粧品検定を受験するにあたって 多くの人が抱くのは、こんな疑問ではないでしょうか?

  • 合格したらどんなメリットがあるの?
  • 仕事に役立つの?
  • 就職・転職の時に有利になったりするの?

この記事では 日本化粧品検定を取得するメリットを紹介します。

【メリット1】就職・転職に有利になる!

日本化粧品検定は、コスメ・美容業界において 仕事に直結した資格として高い評価を受けています。

日本化粧品検定の公式サイトには、検定の協賛企業として「シャンソン化粧品」や「ロクシタンジャポン株式会社」「第一三共ヘルスケア株式会社」などの名前が挙げられており、多くの企業で 実際に 社員研修や社内資格制度として導入されていることが紹介されています。

協賛サポート企業団体 | 女性に人気の美容資格【日本化粧品検定】

(null)

また 美容系としては国内で初めて文部科学省後援の検定に認定されるなど社会的認知度も高くなっており、日本化粧品検定の評価は年々高まりつつあります。

企業からの求人状況は?

日本化粧品検定の正会員になると、検定取得者向けの求人情報が閲覧できるようになります(※1)。

そちらでは、実際に「1級取得者」「コスメコンシェルジュ取得者」などを希望する企業の求人情報が随時掲載・更新されています。

こうしたデータを見てみると、いかに美容知識をもった人材が求められているかがよく分かりますし、また日本化粧品検定の取得者であることが就職と結びつきやすい状況も確認することができます。

※1:検定主催者側が 仕事を斡旋・仲介してくれるわけではなく あくまで求人情報の紹介という形になります。

【メリット2】キャリア・アップにつながる!

日本化粧品検定は、その名の通り「化粧品」や「美容」関連の知識の取得を目指す検定です。

取得すれば 既に以下のような業界で働いている方々のスキルアップにも繋がります。

  • 化粧品メーカー、化粧品を扱う小売業(美容販売員) など
  • 美容師、メイクアップアーティスト など
  • ネイリスト、カラーコーディネーター、サロン経営者 など
  • 美容ブロガー、美容ライター、美容系ユーチューバーなど
  • 医師、看護師 など

「お客様と接している際に 経験則だけの説明では 納得して頂けないことが多い…」そんな悩みを持っている方も多いのではないでしょうか?

ちなみに私は本業がデザイナーで、カラーコーディネーターの資格も持っているのですが、美容系の方から色彩関連の質問をされることも多いため、日本化粧品検定を受験することにしました。

「日本化粧品検定」を受験することにしました!

経験則にプラスして「確かな学問的裏付け」のある説明ができるようになると、信頼性もアップします。

日本化粧品検定で学ぶ内容は、30名以上に及ぶ各分野の専門家が監修した最新の情報です。

日本化粧品検定の資格取得者として、理論的な接客ができるようになれば、自身のキャリア・アップにつながります。

【メリット3】コスメコンシェルジュ取得で さらにレベルアップ!

さらに、日本化粧品検定の上位資格である コスメコンシェルジュを取得すれば、以下のような特典を受けることができます。

特典は?
  • 「コスメコンシェルジュ」を名乗ることができるようになる【ココ重要】
  • 日本化粧品検定が主催するイベントなどにお得に参加できる
  • 日本化粧品検定から 就職・転職サポートが受けられる
  • 経営しているサロンなどの情報を 協会のページに掲載できる など

ちなみに 公式サイトが公表しているデータによると1級合格者の実に8割近くが 「コスメコンシェルジュを目指している」と解答しています。

その背景には、上記のような 単なる「肩書」だけにとどまらない、検定協会による手厚いバックアップ・サポート体制が魅力になっているのです。

【おまけ】「資格なんて意味がないんじゃ?」という方に

「資格なんて持ってたって意味ないよ」という方がいます。

資格の勉強なんて理屈を勉強するだけでしょ? そんなものよりも技術が大事、センスが大事でしょ?

私も まったくその通りだと思います、「半分だけ」は。

センスだけで生き抜くのは厳しい世界

先述のように私はデザイナーをしていますが、この10年ちょっとの間に「資格なんて持ってたって意味ないよ」と言っていた先輩の多くが、仕事を離れていきました。

理由は単純です、技術とセンスだけで食べていけるほど甘い世界ではなかったのです。

現在まで コンスタントに仕事を続けられている人の共通点は、技術やセンスを磨くことと同時に、基礎理論の学習や 知識の更新を怠らなかった人たちです。

結局のところ 私が先輩たちの姿から学んだことは「技術も大事、センスも大事、理屈も大事」という当たり前の事実でした。

日本化粧品検定とは、美容業界において いわば「理屈」を学ぶ場です。

それは 今目の前の「就職」「転職」に活用できる知識というだけでなく、10年後、20年後の自分の土台になるものでもあるんだ…という意識を持つべきです。

未来の自分に投資する!

現在あなたが勤めている、あるいはこれから勤めようとしている会社が10年後も存在する保証はどこにもありません。

新たな就職先を見つける、あるいはフリーランスとして活動をはじめようとした時に、自分にとってどんな武器があるでしょうか?

転職先 あるいはクライアントから、信頼をかちとる何かを持っているでしょうか?

もちろん自分のそれまでの仕事が、直接的な評価につながるでしょう。

しかし、そこに+αがあったなら?

先にも書いたように、日本化粧品検定は一定の社会的評価を得た検定です。

受験に際してのマイナス要因(出費・時間消費)を考慮しても、そこから得られるリターンは非常に大きなものだと思います。

8 Comments

徐 ヒロミ

高い受験料払って、合格不合格の通知は紙一枚不合格だけで、どこが出来たかどことダメとかきちんとコメントして欲しいかったです。そんな感じの通知はただお金を取っただけに感じました。次にリベンジして再チャレンジしようもないです。
後は、確実仕事に役立つとかはわかりません。

返信する
cosme500

コメントありがとうございます!

たしかに、受験料が高いのはネックですね。

私も、一度 1級で不合格を経験していますので、なおさら受験料の高さを恨めしく思いました…
お気持ち とてもよくわかります!

私の場合は、その悔しさ 恨めしさがバネになって(ちょっと意地になって)リベンジ受験&合格に繋がった気もします。

また、仰られているように、日本化粧品検定が仕事にどの程度 役立つかは、たしかに その人の職種にもよりますね。

なので、受験を考えている方は、初めにまず 本屋さんなどで問題集を立ち読みしたり、3級(無料)を受験してみて、どの程度自分の仕事に役立ちそうか確認してみるのがいいかもしれません。

■ 3級をWEB受験してみる
https://cosme-ken.org/thirdclass/

返信する
無名

勉強したくないいくらでもいいわけがある。ネガティブ人とポジティブ人の差、向上心ある人とない人の差、勝ち組と負け組の差

返信する
cosme500

コメントありがとうございます。
向上心は大事ですね。私も 前に前に進んでいきたいです。なかなか進みませんが…

返信する
佐藤

解説付き試験を、農業大学にて、受けました。福島から、東京へ、行くので、本気で、勉強して、解説を、聞きましたが、全く、試験に、出ないのが、悔しかったです。約5時間の対策セミナーに、2万は、高過ぎと、思いました。今まで、100種類の、資格取得の、経験で、最低でした。解説付き試験の、セミナーは、32000円かかるので、協会の、儲けなので、おすすめ出来ません。自分の、ペースで、長いスパンで、試験のみを、受験、おすすめします

返信する
cosme500

コメントありがとうございます。

実は 私も「解説付き試験」ものすごく気になっていたもので、実際に受講された方の情報が頂けてうれしいです。
「ここ、試験に出ますよ~」的に、頻出問題の解説とかやるのかと思ってましたが、どうも違うようですね。

貴重な情報ありがとうございます!

返信する
佐藤

現在に、到まで、就職困難の、時代、資格取得は、大変だと思いますが、何度も、チャレンジすれば、合格出来ますので、皆様、頑張って下さい。結果通知、個人的な、クレームですが、不合格通知を、封筒にて、郵送は、辞めてほしいです。今まで、100種類、独学にて、通知を、頂きましたが、不合格は、圧着式の、ハガキに、して欲しいです。封筒が、届いた時、開ける前に、もしや、合格と、喜こんだら、変な案内書が、一緒に、クリヤケースに、不合格通知は、かなりショックを、受けました。これから、受験される方も、白い封筒が、届いても、油断は、禁物です。最後まで、読んで頂きありがとうございます

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です